スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

the Microsoft Conference 2008




本日の戦利品。
the Microsoft Conference 2008 に行ってきました。


こういうのに参加するのは、初めてでちょっとドキドキ。
今年は、Windows Server2008VisualStudio2008SQL Sderver2008とリリースが重なったということで、珍しいことらしい。それぞれ、導入することによってどのようにビジネスのITシーンが変わっていくか、まぁ、そういうことです。

 午前は基調講演で、午後からは3つの内1つづつの選択式で5つの講演(各50分)を聞くことができました。せっかくなので、5つ分の講演をフルに参加してきました。 講演毎に20分の休憩があるんだけれども、ROOMの移動で並ぶのでほとんど休みがない状態。結構ハードでした。(開催している側はもっと大変だけどね)

2007 Office system を活用した Office 統合型アプリケーション開発
 Office2007のファイルが、xmlで記述されていることを利用したアプリの開発。また、OfficeのリボンコントロールをVisualStudioで拡張するなど、面白いことをやってました。
 Outlookの連絡先の住所からvirtualMapを呼び出して地図を表示するというようなことを、サクッと作成できたのは驚き。

強化された Active Directory の全容と Windows NT、2000 Server からの AD 環境の移行
 いまいち、ActiveDirectoryを理解できていなかった(いまだにドメイン管理の知識しかない)ので聞いておこうかな、と。

Visual Studio 2008 概要 ~ すぐれたユーザー エクスペリエンスの実現 ~
 MFCアプリを開発している身としては、.NET Framework寄りの講演はいまいち実感がないのだけれども、用意されている部品群と開発環境は個人的には魅力的。
 LINQというXMLやDBにアクセスするための機能。いいなぁ。DBのテーブルとかもインテリセンスの範疇になってくれるのでかなり便利そう。C++では使用できないのかな。また調べてみよう。

最新テクノロジを活用した "次世代 Web" 開発
 これまた、.NET Framework、画面のデザインから動作のコーディングまでWindowsアプリと同じように組めるのはいいかも。ASP.NET AJAXで通常のWEBアプリをAJAX化するのをこれまたサクッと実演してました。実際に構築するのはもっと複雑なアプリになるのだろうけど、使いこなせればかなり高率が上がりそう。

Visual Studio 2008 を活用したチーム開発の実践
 これも聞いておきたかった講演。
 単体テスト機能とコードカバレッジ測定機能が便利すぎ。特にコードカバレッジは単体テスト時のソースの行毎の実行回数を記録できるのでコード分岐の網羅性がはっきり目に見えるようになる。さまざまな「見える化」(進捗管理・構成管理・コード管理等)をうたっていたのだけれども、PGやっている身としてはこれが一番わかりやすかった。
 あとは、Microsoft ProjectとVisualStudioが連携していたのも何気に便利。管理者はProjectをPGはVisualStudioとそれぞれの分野のツールで完結できるのがめんどくさくなくていい。
 いまだにVisualStudio6.0使ってる職場では絵に描いたモチなんだけどねー。

MSC2008_02.jpg

 というわけで、戦利品のプレミアムパック。

・Windows Server 2008 Enterprise評価版
・Microsoft Visual Studio 2008 Standard Edition
・Microsoft Visual Studio Team System 2008 Team Suite 評価版
・Microsoft SQL Server 2008 Community Technology Preview 2月版

と、これだけ入っている。
あと、写真撮らなかったけど、別パッケージでWindowsVista Ultimate 英語版。

MSC2008_03.jpg

 パッケージの中身はこんな感じ。ホログラム入りのディスクがきれい。
 Visual Studio 2008だけは期間制限がない。製品版と同じライセンスかな。これが欲しかった。これでWindowsMobileの開発ができればもっと嬉しかったのだけれども、悲しいかなMobileアプリの開発はProfessional Editionから。
 SDKのインストールかなんかで開発できるようにならないものか。Professionalの12万は手が出んデス。
 学生さんはいいなぁ。アカデミックパック、あるもん。

 まぁ、ちょこちょこといじってみよう。

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008.05.29 | Comments(1) | Trackback(0) | 雑記

コメント

私もカンファレンス行きました

初めまして、MOTOと申します。私も今日のMSカンファレンス(大阪)に参加してました。
私も、こういうイベントに参加するのは初めての経験でした。

最近、ブログを始めたばかりで見て頂ける方がいないので、失礼ですが、こちらに書き込ませてもらいました。
Googleのブログ検索で「Microsoft Conference」で検索したら1番上に出てきたので、そのルート経由です。
一方的に押しかけて恐縮ですが、Bloger的におかしな所があったら指摘したりして頂けると幸いです。

2008-05-30 金 00:03:43 | URL | MOTO #w/LwEZf2 [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。