スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

Android版 NextTrain互換アプリ jNTrain beta2

前回の記事にあげていた環境ファイル対応版の公開です。


ダウンロードはここから

[2011/05/30 beta2]
・ファイル選択画面に広告の表示を追加
・環境ファイルの読み込みに対応
・環境ファイルを読み込んでいる場合、スピナーにて時刻表選択が出来るように。


環境ファイル(cfg)への対応について
環境ファイルは時刻表選択用の一覧作成用のファイルで、TBLファイルを列挙しておくものです。 このファイルをファイル選択にて読み込ませると、画面下部のスピナーにて時刻表の切り替えが可能になります。 いちいち画面遷移を伴わないので素早い操作が可能になります。

記述内容はこのような感じで行います。

/smpl1.cfg                    :SampleCfg:1
a>smpl1.TBL                    ;SampleTbl:1
p>smpl2.TBL                    ;SampleTbl:2
smpl3.TBL                         ;SampleTbl:3

"/"で始まっている一行目は、他の環境ファイルの指定です。 これにより、環境ファイルへリンクすることが出来ます。 つまりこの環境ファイルから別の環境ファイルを呼び出すことができます。 必須ではないので後から必要に応じて活用していけばいいと思います。

2行目以降は、時刻表ファイル(TBL)ファイルの列挙です。 行頭の"a>"と"p>"は午前午後の指定で、この環境ファイルを開いたときの時刻によって自動的に開かれる時刻表ファイルを指定できます。 この指定も必須ではなく、4行目のようにファイル名のみの記述で構いません。

各行の”;”以降の記述は、コメントです。 このコメントは一覧での表示に使用されます(スピナーコントロールでの一覧に表示されます) このコメントも必須ではなく、指定していない場合はファイル名がそのまま表示されます。

ここら辺は、テキストエディタで作成することになりますが、出来ればエディットも出来るようにしたい気はしますね。


cfgファイルの読み込みや各判定ルーチンはWindowsMobile版から持ってこれるのですが、スピナーコントロールの挙動がWindwosのコンボボックスと異なる点があってちょっと苦戦しました。 初期化直後もリスナーが呼ばれるんですよね。 初期時は呼び出してもらいたくないんだけどなぁ。


というわけでBeta2公開でした。
次は乗り換え駅の時刻表表示かな。
lこれもロジックはあるんだけど、挙動の違いで設計変えないとダメかなぁ…

ではでは。


テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2011.05.30 | Comments(0) | Trackback(0) | Android

«  | HOME |  »

FC2Ad

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。