スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

Android開発#10 Preference

 GWも終わってしまってややげんなりの今日この頃。
 一応jNTrainの開発も進めてましたよ。 というか、GW中にblog上での公開をやっちゃおうと思ってたのに、初回導入のエラーハンドリング等を気にしていろいろいじくっているうちにGW、終わっちゃいました。

 というわけで、まだ公開なしですorz


 とりあえず、いつもの進捗

 ●実装完了(面倒なので最近実装した部分のみ)
 ・設定画面の実装
   ・NextTrainデータディレクトリ指定
   ・データファイルのエンコード指定
 ・サンプル時刻表の同梱化
 ・設定変更後の、アプリ再起動
 ・起動時の初期表示の時刻表
   (最後に表示していた時刻表を表示)

 ●未実装
 ・cfgファイルの読み込み
 ・cfgファイルに登録された時刻表一覧からの時刻表切り替え
 ・曜日指定表示
 ・各種設定
   ・時刻表リストのフォントサイズ指定
   ・到着駅リストのフォントサイズ指定
   ・時刻表リストの表示内容フォーマット
 ・到着駅リストを選択することでの乗換駅の時刻表表示
 ・時刻表リスト
   ・列車の色分け設定変更
 ・発車時刻・到着時刻でのアラーム設定
 ・ウィジェット対応
 ・時刻表表示のネットからの取得


 というわけで今回は設定画面も作成してます。
20110511-jntrain.png
こんな感じ。

 AndroidではPreferenceという仕組みを持っているので設定画面の作成自体はだいぶ楽ができます。

 WMでのプログラミングでは、設定データのファイルへのI/Oを作成、設定データと対になるコントロールを設定画面に配置してコントロールと設定データとのI/Oを作成、といろいろコーディングする範囲が広かったのですが、Androidでは設定項目と設定方法をxmlに記述することで、設定画面の表示から設定の保存・読み込みまで、ほとんどコードを書くことなく実現可能。 楽チンですね。

 ここら辺は設定項目が追加になるたび、コードを追加しなくてはいけなかったり、設定画面のレイアウトを気にしなくてはならなかったWindowsMmobileからは格段に楽です。 WindowsMmobileのときはiniファイルに設定項目、設定方法、説明文等を記述することで設定画面を自動生成する仕組みを作ったくらい。これ、WindowsMobileでの開発時の初期のころから作ってりゃ後々楽だったのになぁ、と後悔していたので、Pereferenceを知らなかった時点では同じ仕組みのものをAndroidでも作ろうと思っていたくらいでした。

 携帯端末のような小さい画面で設定項目のレイアウトもそれほど多彩にならなくてすむ環境では、こういう手軽な設定画面の構築方法はあってしかるべきで、そこらへんAndroidはよくできてるよなぁというのが正直な感想。


 まだまだ、Androidの環境には慣れないことが多いですが、結構この環境、好きかも知れません。

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2011.05.10 | Comments(0) | Trackback(0) | Android

«  | HOME |  »

FC2Ad

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。