スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

GALAPAGOS 005SH フォトレビューその1

 20110226-005SH05.jpg まだまだカスタマイズ等はこれからですが、だいぶいじり倒して満足したのでフォトレビューを


20110226-005SH01.jpg
 うちにある携帯端末大集合。 とりあえず手元にある分だけ。 正面の面積に関して言えば大きい部類に入りますね。 黒のモデルがないSL-C3200ともらいものの706P以外は見事にブラックのみ。 今度こそはホワイトの端末にしようと思ってたんですけど…。

20110226-005SH02.jpg
 キーボード付き端末集合。 数字キーが独立しているZaurusがキー数としてはベストなのですが、キートップが固いプラスチックだったので結構押しにくかった気が。 005SHはキーボード面積が大きくとれているのでスライドキーボードの中では一番使いやすいです。

20110226-005SH03.jpg
ディスプレイの比較。 X01TとXperiaX1は同じ3インチ。 005SHは3.8インチなので一回り大きい感じです。 3インチの液晶では大きさが足りないと感じていたので、005SHの3.8インチはとてもありがたいです。 それに細かいポインティングが難しい静電容量式のタッチパネルでは最低限このサイズは必要かと思います。 それにしてもXperiaX1のコンパクトさは今でもお気に入り。 まだしばらく使いますけどね。

20110226-005SH04.jpg
 分厚さ比較。 005SHがいちばん薄いですね。 バッテリー容量が増えるのであればもう少し厚くなっても許せる気がするのですが。 X01Tは厚すぎですね。 C面でサイズを小さく見せようとしていますが、そのせいでボテっとした印象になってしまってますね。 一枚板状の005SHのデザインは好みです。 

20110226-005SH05.jpg
 正面。 正直、丸みを帯びたデザインは好きではないので、このフラットな感じはとても好きです。 パネル下部には左から、Menu、Home、戻るのボタンが配置されています。 これらのボタンはもうちょっと横幅があってもいいように思うのですが。 押しやすさ、デザインからも液晶パネルの幅に合わせた方がいいような気がします。

20110226-005SH06.jpg
 裏面。 最近このような丸みを帯びたデザインが多いですね。 iPhoneの影響でしょうか。 iPhone4の角ばったデザインはものすごく好きなんですが、こっちをぱくってほしかったなあ。 背面を平らにすればバッテリー容量を増やせたのかなぁ。 背面のパネルは塗装仕上げなのでプラスチック特有の透明感がなく、質感は良いです。 ただこのまま机に置いたりするとキズがすぐについちゃうと思うので、カバーケースは個人的に必須ですね。 まだ発売されていないので、それまではキズがつかないように気をつけなければ。

20110226-005SH08.jpg
 側面右。 検索ボタン、ボリュームボタン、カメラボタンが並びます。 これらのボタン、下に寄り過ぎではないでしょうか。 カメラボタンはここでいいとして、他の3つはもうちょっと上にしてほしかった。

20110226-005SH07.jpg
 側面左。 中央にポツンと電源ボタンがあります。 右手で保持した場合、中指がちょうど当たるので押しやすいのですが、電源ON(スリープからの復帰)はHomeボタン使いますし、そんなに使わないか。

20110226-005SH09.jpg
 上面。 ストラップホールとワンセグ用のアンテナがあります。 003SHにはなかったアンテナですが、感度は比べてどうなんでしょうねぇ。
 

20110226-005SH10.jpg
20110226-005SH11.jpg
 下面。 左からmicroUSB、イヤホン端子、HDMI端子が並んでます。 USBの端子は結構きついので破損が心配。 HDMIはケーブルが未購入のため試せてないですが、ディスプレイの内容をそのまま表示できるらしいのでプレゼンなんかに使えるかもしれませんね。

20110226-005SH12.jpg
 カメラ部。 右側の扇状に色が変わっている部分はマニュアルによると赤外線ポートらしいです。 マニュアル見なけりゃわからないですね。

20110226-005SH13.jpg
 キーボード。 Softbankの機種説明ページでは光沢があり凹凸が強調された画像となっていますが、それほど大きく膨らんでいるわけではないです。 プラスチックというよりはポリ製の少し柔らかい素材っぽいです。 一応FとJのキーにはホームポジションを示すポッチがありますが、タッチタイプを行うわけでなし意味があるのかなぁ…。

20110226-005SH14.jpg
 一時期、2chでないと噂されたQWERTYキーのバックライト。 撮影の腕の関係上、白く発行しているように見えますが、Fn併用で入力する文字は紫色に光ってます。

 枚数が多くなってきたので、その2へ続きます。

テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

ブログランキング・にほんブログ村へ

2011.02.26 | Comments(0) | Trackback(0) | PDA

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。