スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

ScanSnapが来た

注文していたScanSnapが家に来ました。

20101003-ScanSnap01.jpg


店頭でもチェックしましたが、結構コンパクトな筺体です。

20101003-ScanSnap02.jpg
使用状態にするとここまで大きくなっちゃいますが、まぁ、片付けるときに小さくなればいいので問題なし。

まずは裁断の必要のない年賀状から取り込んでみようかと。
スキャナで電子化しようと思いつつなかなか実行に移せずにいたので一気に電子化してみる。
まるまる10年分の年賀状がたまってたりしているので。

スキャンするときに気になるのは解像度をどうするかなんですが、はがきはサイズと量を考えてもそんなに問題にならなさそうなので最高解像度の1200dpiで行くことに。

はがきは紙質もそんなに良くないし、600dpiでも十分そうですけどね。 とくに表書き部分は情報量も少ないですし。 ま、解像度を下げる方向ならば自在にできるしいいかと思いつつ、取り込みを始めることに。

 いやぁ、買ってよかったですよ。
 1年分で60枚程度ですが、既にさくさくと5年分の取り込みができちゃいました。
 ファイル名の命名規則がもっと細かく指定できればよかったですが、そこら辺はリネーム用のフリーソフトでカバーできましたし。フラットベッド式のスキャナではここまで簡単に取り込みできないです。

 いくつかコツは必要でしたが、もっと早く買っておけばよかったと思えるほどです。
 ということで、いくつか感想等々をあげてみたり。

・スキャンし始めは給紙部分には大量に載せない
 いきなり大量に載せると給紙してくれませんでした。が、いったんスキャンし始めれば結構いっぱい乗せても大丈夫。

・紙質は揃えたほうがよい
 年賀はがきは最近こそみんなインクジェット紙に統一されてきましたが、少し前のものは厚み・写真など紙質がばらばらです。混在状態だと結構な確率で重送が発生してしまうのですが、あらかじめ厚みのあるものだけでも取り除いておくと、ほとんど重送は発生しなくなりました。 厚みのあるものも、それらだけでまとめてスキャンすると大丈夫のようですし。

・ホコリはこまめに除去したほうがよいみたい
 ブロアーとかでホコリを飛ばすのは可動部の奥にホコリを飛ばしてしまうのでよくないと、どっかでみたので自分はこれを使ってます。->CyberClean
 スライム状の物体をキーボード等に押しつけることで入り組んだ所の汚れをきれいにすることが出来るのですが、ホコリ除去には特にてきめんです。
20101003-CC01.jpg20101003-CC02.jpg
 ちなにみ、左が新品、右が現在使っている奴。 新品の方はそろそろ替え時かなぁと思いつつ買ってきたもの。
 色的には使用限界に達しているようなのですが、ホコリ取りぐらいにはまだまだ使えるようですね。


 とりあえず、年賀状の取り込みは終われそうなので、次は古いコンピュータ書籍等を引っ張り出して取り込んでいくつもりです。

 あーっと、実はこれも購入してたり。
20101003-CARL.jpg
 裁断機です。1万円ぐらいの簡易なものですが、自分で定規を当てて切るよりキレイかつ簡単に切断が出来ます。
 これらを使えば、書籍系もpdf化出来るかな。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2010.10.03 | Comments(0) | Trackback(0) | ScanSnap

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。