スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

JTskLnchの設定について

JTskLnchの公開時にタスクモード用ページ設定について少し言及していましたが、ちゃんとした説明を書いていなかったので。


と、その前に、JTskLnchの2つのモードについて説明しておきます。

・ランチャーモード
 JTdLnchと同じようにユーザがページを作成、ページに各種アイコンを登録してそれをランチャーとして表示します。 ページは複数作成でき、画面左右の背景(余白部分)をタップ、もしくはページ切替用のページリンクアイコンのタップにてページ切替を行うようになっています。

・タスクモード
 現在起動しているプロセスが一覧表示されるモードです。 プロセスの一覧は起動数に応じて画面内に収まるよう、縮小表示されます。
 
 モードとしてわかれていますが、タスクモードもランチャーのページの一形態として表現されており、一部特殊な処理が行われていますが、基本的にランチャーモードのページ・アイコン登録などの構成はそのまま踏襲しています。 

 この2つのモードは、ランチャーの呼び出し時にコマンドラインオプションで指定を行うか、表示後、左ソフトメニューにて切替えを行う仕様になっています。

 JTskLnchの起動は何らかのハードボタンの押下に割りあてることになりますが、ランチャー起動・タスク起動と個別にキーを割り当てるのはもったいないので、通常はどちらかの指定のみをキーに割り当てるようになると思います。(最近のWM端末はハードキーが減少している傾向にあるので貴重です)

 使い勝手の良さを追求すると、JTskLnch表示後の「両モードの切替」はワンタッチで行きたいところ。(ソフトメニューはあくまで補助的に使用する方向で)

 両モードの切替えは内部的には表示しているページの切替え操作に相当していますので、ページリンクアイコンでの切替えも可能です。 ということで、タスクモード用のページ内にユーザが自由にアイコンを登録できるエリアを設けるという事をしています。 つまり、ここにランチャー用のページへのページリンクを配置すれば、自由にランチャーモードへ切り替えることができるということです。 また、このエリアは6つほど(シート設定によります)登録できるようにしていますので、ランチャーへ切替える際に任意のページを表示することも可能です。 ページリンク以外のアイコンも配置できますので、以下のようなことも可能です。

・ページリンクを配置して、タスクモードから任意のページへ切替
・よく使うアプリを登録
・最近起動したアプリを登録しておく

20091112-JTskLnch01.jpg
 画面ではこんな感じで。 現在、ランチャーの各ページへのページリンクアイコンを配置して運用してます。

20091112-JTskLnch02.jpg
 設定画面ではこんな感じ。 元々はBlankアイコンが割り当てられているのでそこをEditボタンで編集して別のアイコンを登録してください。 Taskアイコン部分は編集できますが、ランチャープロセスにてロード時にTaskアイコンに戻されますので注意。

 このタスクモード用のページもシート情報を元に構成されているので、変更することが可能です。 自作も可能でが、そこらへんは設定ファイルのマニュアルを参照してください。

 と、まぁ、こういう感じでタスクモードはタスク管理+αという使い方ができるので、お好みに設定してやると結構便利に使えるのではないかと思います。

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2009.11.13 | Comments(0) | Trackback(0) | JTskLnch

«  | HOME |  »

FC2Ad

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。