スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

WindowsMobileのフォントによる文字化けについて

 フォントを入れるとよくわからない挙動になるのがWindowsMobile。

 PocketDigitalClockを入れたりするとおかしくなったりしたのだけれども、特に他のフォントに影響しないよう追加しただけでもおかしくなる。 実例としては、自作の英数字フォントを入れただけなのに、ワイヤレスマネージャ・モバイルGooglemapに適用されてしまっていたり。

 ちょっと気になったので検証してみた。


 まず、入れていたフォントはTokiDigiという自作フォント。 これは数字と一部の英字のみのフォントで、時計表示のみに使っている。 これを\\Windows\\Fonts\\に入れていると、モバイルGoogleMapにて検索を行った際に、文字がTokiDigiになってしまう。(ワイヤレスマネージャも同様)

 モバイルGoogleMapにはフォント指定はないし、当然TokiDigiも指定した覚えはない、というよりできない。 そういや、Net上で「デフォで選択されるフォントはフォント名称順」というのを見かけた。 ソースはどこで見たか失念してしまいわからない。 そんなわけで、自作のフォント[TokiDigi]をいじって検証してみた。

 変更するのはフォント名称とフォントのファイル名称。 これを変更してモバイルGoogleMapで適用されるかどうかで検証してみる。

1.フォント名称を「ZTokiDigi」(Zは全角)にする -> NG
2.ファイル名称を「ZTokiDigi.ttf」(Zは全角)にする -> NG

 あれー? フォントの名称は関係ないの? と、思いつつ、一つの仮定が浮かぶ。 フォントの配置位置は\\Windows\\Fonts\\ディレクトリと\\Windows\\直下の2か所。 Fontsディレクトリ内の方が優先順位が高いとすると、ここにはフォントが1つ(TokiDigi)しかないので、これが優先されている?

 ということで、\\Windows\\直下にフォントを移動させてみました。

 結果、モバイルGoogleMapが正常に表示されました!! 1.のフォント名称を「ZTokiDigi」(Zは全角)にする状態でOKでした。 ワイヤレスマネージャも正常に表示されています。

 というわけで、一部のアプリで何らかのフォントをインストールしている際に文字化けする場合、フォント名称にて適用されるフォントが異なってくるのでそれを変更することで解消できるようですね。

 正しいかどうかは正式なドキュメントを見たわけではないのでわかりませんが、

・\\Windows\\Fonts\\内のフォントでフォント名称を昇順に並べ一番最初のフォント
・上記のフォントがない場合、\\Windows\\内にてフォント名称を昇順に並べ一番最初のフォント


と、いうような判定で適用されるフォントが決定される場合があるようですね。

まぁ、もっと正確に検証するならば、先頭がA~Z(半角と全角)のフォント名称のフォントを作成して適用される優先順位をチェックしなければならないんでしょうけど… 面倒くさいのでパス。

 とりあえず、TokiDigiを使用できる状況でもモバイルGoogleMapが正常に表示できるようになったので、OKとします。

テーマ:SoftBank(ソフトバンクモバイル) - ジャンル:携帯電話・PHS

ブログランキング・にほんブログ村へ

2009.01.05 | Comments(0) | Trackback(0) | PDA

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。