スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

JNTrainの到着駅について

 JNTrainの到着駅の処理にて不具合が見つかりました。

 ひとつの列車に2つの備考が付加されている場合、到着駅の時刻算出にて片方でもヒットした場合、時刻を表示しているのですが、本家では少し違うようです。


備考定義部分
k:千葉;千
A:普通;普

到着駅定義部分
$池袋: A38 u37 v36 x37 z35 t= w= y= r= p= h= o= k= e= i= g= c=

時刻表定義部分
6: Ak03 Ak17 wj26 ud29 Ao33 Ak47 Ab50 Ao53

このような定義の場合、6:17発の千葉行普通の列車は、
池袋の到着時刻にて、A38とk=の2つにヒットするのですが、JNTrainはAでヒットしているため、到着時刻を表示してしまっています。
ところが本家では到着時刻は表示されない結果となっています。


 結論から言うと、Ak17というような記述の場合、記号a-z,A-Zの順で優先順位が決められているようです。
 2つヒットする条件にて、分指定の値にて優先順位がつく(非停車>1分>n分の順)のかと思いましたが、"k="の記述を"A38"より小さい値(k37)、大きな値(k39)に変えても、すべて"k"の記述が湯煎されていました。
 また、記述する位置も変えてみましたが、いずれも"k"の記述が優先されています。
 試しに、"Ak17"を"bk17"に変更し、到着時刻に"b=","b37","b39"などの記述を追加した場合、これも"b"の記述が優先されていました。

 ということなので、複数ヒットする場合は記号の若いものを優先するということで、修正を加えておきます。今回、とのさんのご指摘でバグが判明したのですが、同じような現象が発生した方は次回の公開時には修正いたしますので、しばらくお待ちくださいませ。

 んー、NextTrainの時刻表フォーマットのドキュメントを仕様としてコーディングしたのですが、ドキュメントにて未定義の動作がまだまだあるようですねぇ。ソースがあるわけではないのでテストデータをぶち込んで動作定義しなきゃならないのは辛い…orz

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008.08.28 | Comments(1) | Trackback(0) | JNTrain

コメント

早速のご対応宣言ありがとうございます。

しかし大変そうですねぇ。素人にはそのへんの苦労が分からなくて、勝手なことばかり言ってすみません。

楽しみにお待ちしております。

2008-08-30 土 16:22:02 | URL | との #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。