スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

--.--.-- | スポンサー広告

遅々として進んでません

 JNTrain、遅々として進んでません。

 時刻表示部分と駅名称部分をいじろうとしているのですが、Staticテキストコントロールのオーナードローがうまくいかない。Windows版での試作バージョンではちゃんと描画されるのに。Mobileバージョンだと同じソースを使用しているのに、描画関数が呼び出されない。なんでー?

 そんな感じです。

 ふと思ったのですが、画面上部の時刻表選択用のコンボボックスって要るのかなー?要らないような気がしてきた。左メニューでまかなえているし。X02HTなどの画面の狭い端末(しかもタッチパネルで使いにくい)では非表示にできると画面が広く使えていいのかも。

 時計・駅名表示部分のサイズをフォントにて可変にしようとしているのですが、コンボボックスが亡くなった分、時計部分を大きくできる・駅名を2段表示にできる、ので、良いかもしれない。

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

ブログランキング・にほんブログ村へ

2008.07.23 | Comments(3) | Trackback(0) | JNTrain

コメント

開発お疲れ様です。
コンボボックスは、確かにそうですね。
画面が広くなる方がいいかも。

あと、これもどこに書こうか迷ったのですが
インフォメーションをスクロール表示に選択できますよね?
これってアクティブになっている時刻表のみスクロールしたほうが
見やすくないでしょうか?

いえ、やっぱりバスネタで恐縮なんですが
行き先が「超特急三宮バスターミナル」とか「超特急大阪」とかだと
画面のほとんどがスクロールして
結構すごいことになっていたので(笑)

開発の都合や意図などもあると思うのですが
なんとなくそういう感想もありますということで。

2008-07-23 水 19:19:20 | URL | こぶ平 #5j3mUB6Y [ 編集]

こぶ平さん、どーもです。

スクロールについて

 んー、特に理由はないのですが、先発の行のみだと先発の文字列が短い場合、全体がスクロールしなかったのがさみしかったので… 全行がスクロールすることがまれだったってのがあります。コード的には先発のみスクロールは実装されているので、設定項目追加すれば実現できます。要ります?


リアルタイムモードの時刻表のスクロールについて

 自分は、一度リストボックスの先発以外の行をいったんタップする癖がついてたので、気にならなくなってましたが、確かに使いにくいかも。リアルタイムモードの解除は、SelChangeのイベント発生時、選択行が変わった時点で行っています。
 リストボックスのスクロールイベントが簡単につかめたら簡単に実装できるのですが、標準ではスクロールイベントがないんですね。
 ちょっと他に方法がないか、考えてみます。

2008-07-24 木 00:40:48 | URL | じゅんたろー #- [ 編集]

こんにちわ♪
いつもお世話になってます。

スクロールについてはできれば
アクティブになっている行のみのスクロールがあるとありがたいです。

自分の場合、CleartypeもONにしていて
スクロール行は表示が若干にじむのも気になる理由かもしれません。

リストボックスは上下キーでダイレクトにいくと問題ないんですよね。
技術的な事は自分はなにもいえないのですが
キーの操作を左右はリアルタイムモードあたりのボタンの操作のみ
上下はリストのみの操作という風に
割り切ってしまうのはいかがですか?
そうすれば、
たとえばいきなり上か下をおすと時刻表を選択できれば
そのままスクロールさせられますので
それならあえてスライダをつかむ必要もないかな~と。

おもいつきなんですが。

2008-07-26 土 11:21:17 | URL | こぶ平 #5j3mUB6Y [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カスタム検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。